復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

コラム連載・コラム

復興水産販路回復アドバイザーコラム

第4回 「身近な“学の知恵”も活用してみたら...~UV-Aウマァミーノの場合~」

今回コラムを書いていただいた
復興水産販路回復アドバイザーは・・・ 宮城大学 地域連携センター 教授
鈴木 康夫 氏
専門分野商品開発省人化経営
機器導入加工技術その他

日本三景松島に住んでる私の周囲でも震災後、販路状況が一変してしまった企業さんがたくさんおられます。  
以前から私は、食に活用できる他の技術分野での身近な「学の知恵」の動きを眺めております。中でも、それを旨く活用している事例を紹介したいと思います。  
甚大な被害を被った食品加工の五光食品(宮城県塩釜市・赤倉賢社長)では、紫外線(UV-A;紫外線の中でも長波長)を当て、うま味成分を増したカキ(UV-Aウマァミーノ)を開発、新発売しました。  
カキの加工品は、下処理(ボイル)でうま味成分が水とともに抜けてしまうのが課題でしたが、八戸工業大学(青森県八戸市)の青木秀敏客員教授とともに紫外線を照射する実験を行い、生カキに照射するのに適した装置を開発し、美味なカキ製品を開発しました。  
それも「学の知恵」だけでなく、JST復興促進センターや東経連ビジネスセンターの補助金を旨く活用しての成果です。  
紫外線照射品は、ボイル品に比べて、総アミノ酸量が1.7倍、グリコーゲン量自体も1.27倍(乾物基準)の増加を示しております。また、紫外線(UV-A)の殺菌効果は言うまでもありません。ぜひ一度食べ比べてみてください。  
東北地域の基幹産業である水産業は、復興に向けて確実に動いていますが、まだまだヒト・モノ・カネが大変です。食に活用できる他の技術分野で身近な「学の知恵」がたくさんあります。  
ぜひ活用されてみたらいかがでしょうか。もしこういった技術分野ご興味がございましたら、ご相談ください。

TOP