復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

第5回宮城県ミツワフーズ株式会社

“ ロシア帰り ”の職人が切り開く
「たらこの聖地・石巻」復活への道

辛子明太子といえば福岡県の博多が有名ですが、「たらこ」の加工生産地として、かつて宮城県石巻市が日本一を誇っていたということはご存知でしょうか。

東日本大震災の津波により、工場や設備、車両、原料、商品などすべてを失ったミツワフーズは、この石巻で「日本一」の復活を目指して、今日も元気に営業中。

プレハブの仮設販売所で、社長の髙橋秀樹さん(52)は、「たらこ」への熱い思いを語ります。

「生産量での日本一を取り戻そうというのではありません。創業以来、最高のたらこをお客様へお届けすることをモットーにしてきた私たちは、品質で日本一と認められるように、おいしいたらこを追求しています」(髙橋秀樹さん・以下「」内同)

腕利きの「たらこ職人」でもある ミツワフーズ・髙橋秀樹さん

▲腕利きの「たらこ職人」でもある
ミツワフーズ・髙橋秀樹さん

もう一度「たらこ日本一の街」を目指して

髙橋さんが質で日本一を目指すのには理由があります。

1960年代、日本の中型底引き網漁船(北転船)がカムチャツカ半島沖やベーリング海で操業を開始すると、石巻の港には大量のスケトウダラが水揚げされるようになります。これに伴い、スケトウダラの卵(スケコ)を塩漬けにした「たらこ」の加工業者も増え、最盛期は60社以上にものぼったそうです。

ところが80年代以降、各国の排他的経済水域の設定などを受けて日本の漁船は北洋海域から締め出されるようになり、スケトウダラの水揚げ量は激減しました。今や国内に出回る国産のスケコはわずか1割。残り9割は、アメリカ産とロシア産のものです。

「スケコの高騰によって同業者たちは次々にやめてしまいました。たらこの国内消費量も年々落ち込んで、そんな中で震災が起こった。今も石巻でたらこ加工業を続けているのは、5~6社だけだと思います」

現実的に考えて、生産量で石巻が再び日本一になることは難しい。 でも品質勝負でなら、石巻はまた「たらこ日本一の街」になることができる。 自分たちが価値の高い商品を生み出すことが、石巻の水産業界の復興にもつながると考えたのです。

それはただの願望ではありません。髙橋さんには、経験に裏打ちされた自信もありました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOP