復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

第7回宮城県ぜんぎょれん食品株式会社

日本一の銀鮭産地から「食べてもらうために必要なこと」

国産銀鮭の9割以上が水揚げされる宮城県。今年は12,000トンから13,000トンの水揚げが見込まれおり、震災前の2010年度の14,750トンに迫る順調な回復ぶりを見せています。

宮城県塩竈(しおがま)市に本社工場のある、ぜんぎょれん食品株式会社。JF全漁連の100%出資会社である同社は、秋鮭、金華さば、マグロ、ブリ、カツオ、サンマなど幅広く水産物を扱っていますが、4月から7月にかけては特に水揚げシーズンである「三陸銀鮭」に力を入れています。

ぜんぎょれん食品・内田珠一さん

▲ぜんぎょれん食品・内田珠一さん

ぜんぎょれん食品社長の内田珠一さんによれば、同社は今年、1,200トンの三陸銀鮭を加工する予定とのこと。県内の水揚げ量の、実に1割にあたる量です。取材で訪れた5月中旬も、工場では三陸銀鮭がさまざまな形、味付けに加工されていました。

「海水温が20度を超えると銀鮭が死んでしまうので、4月から7月の間に水揚げされるのですが、4月に1.5〜2キログラムの鮭が3か月後には3〜4キログラムになるので、水揚げは7月に集中します。震災前、82人いた三陸銀鮭の生産者は59人に減りましたが、続けている皆さんが何とか頑張って、水揚げ量自体は例年の数字に戻りつつあります。ただ、問題は出口です。三陸銀鮭をもっと食べてもらえる工夫をしないと、三陸銀鮭の存在そのものが危うくなると思っています」(内田さん)

三陸銀鮭の存在を脅かす強力なライバル。
それはチリやノルウェーから輸入される鮭鱒です。 最近の消費者にとっては、国産の銀鮭よりもむしろこちらのほうがお馴染みかもしれません。
海外からの輸入量は、年間20万トン前後。国産銀鮭の10倍以上にのぼります。しかもそれが季節を問わずに安定的にやってくる。スーパーや回転寿司などでも人気で、今や国民食とも呼べるほど国内市場を席巻しています。

骨と皮が除去された後、真空パックされて出荷される三陸銀鮭

▲骨と皮が除去された後、
真空パックされて出荷される三陸銀鮭

「輸入品は冷凍されていますが、銀鮭はフレッシュな状態で、水揚げ当日に加工して店に並べることもできます。冷凍よりも新鮮でおいしいのに、それがちゃんと消費者に伝わっていないので、スーパーで一緒に並べられても、輸入品に負けてしまうことがあるようです」(内田さん)

どうすれば三陸銀鮭を食べてもらえるか。
内田さんが出した答えは、加工により付加価値を高めることでした。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP