復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

「干物は簡単に食べられる食材。もっと食べられていいはず」

水産業界の価格競争を懸念する春日さんは、消費者の魚ばなれに対しても、「干物はもっと食べられていいはず」と話します。

「干物を家で焼いて食べるのは面倒だという先入観を持つ人は多いと思います。でも本当は簡単に食べられるんですよ。コンロの下にある魚焼き器に入れるだけです。面倒というのは、そのトレーを洗うことだけ。手間はフライパン料理と同じです。電子レンジで温めるだけのものより、焼いた干物はおいしいですよ」

  • ダイカでは生鮮カツオと並んで主力事業となっている干物づくり

    ▲ ダイカでは生鮮カツオと並んで
    主力事業となっている干物づくり

  • 人気干物商品「氷温熟成さんまのうまか干し」

    ▲ 人気干物商品「氷温熟成さんまのうまか干し」

干物がいかに簡単でおいしく食べられるかということを知ってもらいたいという春日さんは、今後はより消費者に近い場所で直販していくことも視野に入れています。

「百貨店などにもうちの商品を置かせてもらっていますが、もっと販売量を増やしたいので、道の駅などに直売所があればいいなと思っています。干物といえば関東では小田原から沼津、関西では明石が有名です。それらに比べると東北の干物は関東圏で戦えるブランド力がまだないので、まずは東北を中心に展開していきますが、気仙沼ならではの魚を使えば東京でも価値を出せると思います。たとえばサンマの一番大きいサイズを干物にするとか、定置網に入ってくるホウボウを使うとか。水揚げされる魚も毎年変わります。突然ツボダイが入ってきたり、キンメダイが入ってきたり。そういうことが常々あるので、その都度考えながら展開していきたいですね」

近い将来、同社の気仙沼産の魚を使った珍しい干物が、東北以外の地域に並ぶ日も近いかもしれません。

株式会社ダイカ〒988-0826 宮城県気仙沼市百目木327-1
自社製品:各種干物、生鮮カツオほか WEBサイトはこちら:http://www.daika18.com/

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP