復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

不調だった味付け装置、タレを均一に塗れるように

東北水産加工業では、東日本大震災で津波被害はなかったものの、地震による被害がありました。建物の外壁や排水管にもヒビが入り大規模な修理が必要となりました。生産に直接影響したのは機械の不調です。

「味付けのりの生産ラインの機械の一つが地震により故障したため、他のものと入れ替えました。そのまま使い続けた機械も、調整が微妙なところでずれてしまいました。それまではノリに均一にタレを塗れていましたが、地震後はムラができてしまい、製品ロスの率も上がってしまったのです。生産量を回復させるには、新しい機械が必要な状況となっていました」

そこで同組合は、味付けのりの生産ラインを見直すべく、販路回復取組支援事業の助成金を活用して「味付け装置一式」を導入しました。

「焼く」工程と「タレを塗る」工程を連続して行う

▲ 「焼く」工程と「タレを塗る」工程を連続して行う

「おかげさまで、タレをきれいに塗れるようになりました。これまでは、ムラがあったので、検品作業にはサポートの人間が一人付いていましたが、今はサポートが付かなくても検品作業がスムーズに行えています。結果的に一人分の省人化となり、別の作業にスタッフを回せるようになりました」

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP