復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

展示会・セミナー 開催情報&レポート展示会・セミナー 開催情報&レポート

セミナーレポート

セミナーレポート「今でも魚には放射性物質が含まれているのか?
水産物の放射能調査について理解を深めるために」

平成29年8月24日、第19回「ジャパン・インターナショナル・シーフードショー」のセミナー会場において、水産庁主催により、「東日本大震災から6年が経過し水産物中の放射性物質濃度は着実に低下しているが、見えない放射線への不安感は払拭されず、時には風評被害が発生している。今回は、モニタリング結果や基準値、放射線リスク等について理解を深めることを目的とする」セミナーが開催されました。


講師
水産庁増殖推進部 研究指導課
水産研究専門官 藤本 賢 氏

■ はじめに ・・・ 本セミナーの目的について
放射能測定(モニタリング)結果を判断するには、放射性物質や放射線による被ばくの影響についての知識が必要不可欠です。

水産物の放射能測定検体数の推移と本年度の状況

放射性セシウム濃度は年々下がってきている。

水産物に放射性物質は含まれていますか?

■ セミナー内容について

  • 1.放射線について、基礎知識のおさらい
  • 2.平成28年末までの調査結果の紹介
  • 3.魚種ごとの放射性セシウム濃度の減少傾向
  • 4.さかなの放射性セシウム取り込み経路
    『現在でも汚染され続けていますか?』
  • 5.放射線リスクを正しく理解するために


当日のセミナー会場

1.放射線について、基礎知識のおさらい

放射性物質とは

実際の被ばく線量を計算してみよう

基準値「放射性セシウム100Bq/kg」の決め方(1)

まとめ(1)

2.平成28年末までの調査結果の紹介

水産物の検査結果(全国:106,725点)

海産物の検査結果(福島県:47,576点)

3.魚種ごとの放射性セシウム濃度の減少傾向

魚類のセシウム濃度の変化(3)

まとめ(2)

4.さかなの放射性セシウム取り込み経路

さかなの放射性セシウム取り込み経路

海面における放射性セシウム汚染の状況

汚染された海底土からさかなは汚染されるのか?

まとめ(3)

5.放射線リスクを正しく理解するために

放射線によるリスクを正しく理解するために

書籍等のご紹介

水産物放射能Q&Aのパンフレットと書籍の紹介

TOP