復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

展示会・セミナー 開催情報&レポート展示会・セミナー 開催情報&レポート

セミナーレポート

令和1年7月22日、大船渡商工会議所において、三陸けせん希望ストリート連絡協議会主催の「食品表示セミナー」が開催されました。消費者と食品をつなぐ情報源としての食品表示。その食品表示法の変更点を、わかりやすく解説していただきました。

フォローアップセミナー食品表示セミナー「知っておきたい食品の表示」

公益社団法人 日本水産資源保護協会
復興水産販路回復アドバイザー
高原 英幸 氏

■ 食品表示のルールと義務について

これまでの食品表示は、さまざまな法律によって規制されていたために、複雑で分かりにくくなっていましたが、この点を解消しようと、食品衛生法、JAS法、健康増進法といった3法の食品表示の規制を一元化した「食品表示法」が2015年に施行されました。

加工食品および添加物のすべての表示については2020年3月まで、また新しい加工食品の原料原産地表示制度への移行は2022年3月までとし、この期間を過ぎても食品表示のルールと義務を守っていない場合はペナルティが課せられます。

▲ 求められる食品表示基準への対応(経過措置期間)
出典:農林水産省「新しい原料原産地表示制度〜事業者向け活用マニュアル〜」)

「食品表示法」の主な変更点は以下のように9つあります。

  • (1)加工食品と生鮮食品の区分の統一
  • (2)製造所固有記号の使用に係るルールの改善(平成28年4月1日から施行)
  • (3)アレルギー表示に係るルールの改善
  • (4)栄養成分表示の義務化
  • (5)栄養強調表示に係るルールの改善
  • (6)原材料名表示等に係るルールの変更
  • (7)販売の用に供する添加物の表示に係るルールの改善
  • (8)表示レイアウトの改善
  • (9)経過措置期間

この中で特に重要なのが、(6)栄養成分表示の義務化と(8)表示レイアウトの改善です。

(6)栄養成分表示の義務化
栄養成分表示が義務化された栄養成分
熱量(エネルギー)、たんぱく質、脂質、炭水化物、食塩相当量で表示。

(8)表示レイアウトの改善
「原材料と添加物は区分を明確に表示する必要がある」ということで原材料と添加物は、①改行する ②「/」等の記号を入れる ③原材料を表示する欄を区画するなどして、区分を明確に表示します。原則として、使用したものすべてを重量順に表示することになっています。

※ウェブ検索すれば関係する機関がさまざまなガイドを出しているので参考にしてください。

食品表示のルールと義務について

原料原産地表示制度について、国内で製造されたすべての加工食品(輸入品を除く)を対象に、原材料に占める重量の割合が最も高い原材料に関して、原産地を表示することが義務づけられました(2022年4月1日に完全施行)。なお、国内で製造された加工食品で、原産地に由来する原料の品質の差異が加工食品としての品質に大きく反映されると認識される「22加工食品群※1」と、「個別に定めのある5品目※2」については現行通りの表示方法です。

「新しい原料原産地表示制度による表示例」の表において、赤で書いてある部分が、新しい食品表示法にプラスになった事項です。

原材料が国産品の場合、『「国産である旨」に代えて、水域名、水揚げ港名又は主たる養殖地が属する都道府県名、その他一般に知られている地域の表示(例えば岩手県産、三陸沖、釜石港)と表示しても良い』となっています。「岩手県産」、「三陸沖」というように、地域の表示をした方が断然、シズル感が伝わって良いのではないかとのこと。

  • ※1 1~22までに掲げる加工食品で、製品に占める重量の割合が50%以上である原材料 1.乾燥きのこ類、乾燥野菜及び乾燥果実 2.塩蔵したきのこ類、塩蔵野菜及び塩蔵果実 3.ゆで、又は蒸したきのこ類、野菜及び豆類並び にあん 4.異種混合したカット野菜、異種混合したカット果 実その他野菜、果実及びきのこ類を異種混合 したもの 5.緑茶及び緑茶飲料6.もち 7.いりさや落花生、いり落花生、あげ落花生及び いり豆類 8.黒糖及び黒糖加工品(平成25年4月追加) 9.こんにゃく 10.調味した食肉 11.ゆで、又は蒸した食肉及び食用鳥卵 12.表面をあぶった食肉 13.フライ種として衣を付けた食肉 14.合挽肉その他異種混合した食肉 15.素干魚介類、塩干魚介類、煮干魚介類及びこんぶ、干のり、焼きのりその他干した海藻類 16.塩蔵魚介類及び塩蔵海藻類 17.調味した魚介類及び海藻類 18. こんぶ巻(平成25年4月追加) 19.ゆで、又は蒸した魚介類及び海藻類 20.表面をあぶった魚介類 21.フライ種として衣をつけた魚介類 22.4又は14に掲げるもののほか、生鮮食品を異種混合したもの
  • ※2 5品目とは①農産物漬物、②野菜冷凍食品、③うなぎ加工品、④かつお削り節、⑤おにぎり
▲ 新しい原料原産地表示制度による表示例
出典:農林水産省「新しい原料原産地表示制度−事業者向け活用マニュアル−」

食品表示に関しての相談や質問は、保健所に問い合わせてみてください。

皆さんの会社の商品に食品表示のミスがあり、売場から撤去しなければならない事態に陥ると大変な損害になります。ぜひ、この機会に食品表示の見直しを徹底してください。

感想
食品表示に高い関心をもち、日ごろから実践している食品メーカーでも、正しい表示を行うには、根気と時間が必要であることがわかりました。
まだまだ猶予があると思わずに完全施行までの移行期間に変更内容を把握し、きちんとした表示が出来るようにしなくてはと思いました。

TOP