復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

カット加工だけで変幻自在「ねじねじくん」と「花ちゃん」

井戸商店の扱い品目はイカ。それは会社のロゴマークにもなっています。 以前は異なる魚種を扱うこともあったそうですが、今は100%イカです。

「先代は当初、水揚げされた魚を凍結して、それを築地に送る仕事をメーンにやっていました。ところがその仕事は、水揚げのない時に暇になってしまう。そこで、イカをメーンに加工処理をしていく業態にシフトしたようです」

ものづくりを熱望していた大橋さんにとって、イカは格好の素材でした。

▲ 機械によって次々に短冊形にカットされていく

▲ 機械によって次々に短冊形にカットされていく

「普通の魚は形を変えようとすると身が崩れてしまいますが、イカはいろんな形にカットして調理することができます。こんな魚介類、他にはないと思います。スルメイカの中が空洞というのも面白いと思いませんか? いかにも、『中に何か入れてください』と言っているようで(笑)。実際、ご飯を入れるだけでイカ飯になりますよね。いろいろな可能性のある素材なので、アイデアは常に考えています」

▲ 「ねじねじくん」調理盛り付け例

▲ 「ねじねじくん」調理盛り付け例

井戸商店では主に、業務用のイカ加工を行っています。納品先はスーパーやレストラン、学校給食など。いろいろなサイズ、形にカットされて、北は北海道から南は鹿児島まで全国に送り届けられています。

それと並行して、イカの特性を活かしたオリジナル製品の開発も行ってきました。カットの工夫だけで人気となったのが、「ねじねじくん」、「花ちゃん」です。

▲ 「花ちゃん」調理盛り付け例

▲ 「花ちゃん」調理盛り付け例

「ねじねじくんはイカの繊維に対して斜めにスリットが入っていて、加熱した時にらせん状にねじれます。タレやソースが絡みやすく、和洋中問わずいろいろな料理に使うことができます。パスタやサラダなんかによく合いますよ」

一方、花ちゃんはイカの片面に、繊維に沿ったスリットが入っています。加熱すると平らのイカが反り始め、最終的には丸い花のようになるのです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP