復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

いい検査機械が仕事を呼ぶ

男性の多い水産加工業界においては珍しく女性が社長を務める五戸水産ですが、従業員も36人中31人が女性。事務所には女性しかいないことも多く、訪問客から「男の人を出してください」と言われることもあるのだとか。

「『どうして?』と思っちゃいますけどね(笑)。重労働のイメージが濃い業界ですが、今は機械化が進んでいるので力仕事も減っていて、むしろ細かい作業のほうが多いくらいなんです。うちも機械が増えてきて一つ一つの作業は昔よりも楽になっています」

イカを焼くスチームコンベクションやイカ裂き機など、被災後の五戸水産は次々に新機材を導入しました。それによって作られた商品の中には、大手コンビニに並んだものもあります。

  • 女性が働きやすい職場環境を整えている

    ▲ 女性が働きやすい職場環境を整えている

  • 機械化により生産効率が飛躍的に上がった

    ▲ 機械化により生産効率が飛躍的に上がった

平成27年度の復興支援事業による助成金を受けた際にも、多くの新機材を導入しました。ポータブル塩分計や糖度計、金属検出機など品質管理に役立つ機器は品質管理には欠かせません。取引先の担当者から「これはいい機材を入れましたね」と褒められ、そのまま商談が成立することもあったそうです。
助成金ではさらに、古くなった乾燥機バーナーも交換。これにより乾燥室の熱効率が飛躍的に向上し、ガス代が大幅に下がりました。また新しいバーナーでは、干物の味が良くなるといわれる短時間での乾燥も可能になりました。

  • コンベアとセットになった金属検出機

    ▲ コンベアとセットになった金属検出機

  • 乾燥機バーナーの交換で熱効率の大幅な向上につながった

    ▲ 乾燥機バーナーの交換で熱効率の大幅な向上につながった

ところが、コスト競争力が高まったと喜ぶ五戸水産を、今度はイカの高騰が直撃します。「さすがに今は手が出せない」という睦子さんは、新たなチャレンジを始めました。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
TOP