復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

塩蔵わかめ、カットわかめを家庭に浸透させ、わかめのカテゴリーリーダーに

理研食品が設立された昭和30年代の後半は、ちょうど三陸でわかめの養殖が盛んになり始めた時期。当時、天日干しのわかめが主流だった中、理研ビタミン株式会社は海から採れたての特有の香りを残した製品の研究を行い、塩蔵わかめの製造・販売を昭和40年から始めました。それまでの茶色いわかめとは異なり、色鮮やかな緑でフレッシュ感のある塩蔵の「生わかめ わかめちゃん」は大ヒット。理研食品は家庭にわかめを浸透させたパイオニアとも言える存在なのです。

しかし、昭和40年代後半から他社で同様の製品が出始め、徐々に塩蔵わかめの売り上げは低下。そんな中で理研食品が「次の一手」として開発したのが「カール状乾燥わかめ」、いわゆるカットわかめでした。

「ちょうどインスタント食品が流行し始めた時期。時流に乗って簡単・便利・衛生的な商品を開発しようと思って乾燥のカットわかめを製造しました。塩蔵は気温が高くなると日持ちしないので、安定性をアップさせる狙いもありました」

満を持して製造・販売した家庭用の乾燥カットわかめですが、当初は伸び悩みました。水で戻すと10倍以上になる乾燥わかめですが、当初、家庭の主婦にはそれが理解されなかったのです。

そのため家庭用から業務用への販路をシフト。当時の営業部員が、主に麺類を扱う外食店に1軒1軒出向き、使い方を説明しながら取扱い量を増やし、市場に浸透させていきました。

その後、昭和51年には家庭用の「ふえるわかめちゃん®」、56年には「リケンのわかめスープ」など自社ブランドを発売し、大ヒット。その後も「海草サラダ」、「わかめご飯」など多数の商品を開発。もともと「わかめを美味しく食べるため」に開発した「ノンオイル青じそドレッシング」も人気を博し、取り扱う数量が大きくなったため中国の大連に子会社を作り、年間8000tものわかめを加工する規模になっていきました。

  • ▲ 長く愛される「わかめ」関連の製品を多数持つ
  • ▲ 長く愛される「わかめ」関連の製品を多数持つ
  • ▲ 長く愛される「わかめ」関連の製品を多数持つ
  • ▲ 長く愛される「わかめ」関連の製品を多数持つ

▲ 長く愛される「わかめ」関連の製品を多数持つ

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOP