復興水産加工業 販路回復推進センター

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

品質の向上、作業の効率化を足がかりに、本格的に輸出に乗り出す

支援事業の活用による効率化、高品質化により、順調に進み始めたのが海外への販路拡大。3年間の準備期間を経て、輸出強化のために今年の3月にHACCPを取得。そのおかげもあって、輸出はここ数か月での伸びが著しいそうです。

「真空漏れの減少や、最新の金属探知機による安全性の向上により、品質への信頼感も高まり、ここ数か月輸出は順調です。今まで応えられなかった大口注文に対応できる体制が出来たことも、商社の方が積極的にアプローチをしてくれる要因になっています」(前田さん)

  • ▲ ロータリー真空包装機により、真空もれが減少

    ▲ ロータリー真空包装機により、真空もれが減少

  • ▲ 金属探知機も最新式になったため、品質水準が高まった

    ▲ 金属探知機も最新式になったため、品質水準が高まった

▲ HACCP取得も、輸出の大きな追い風に

▲ HACCP取得も、輸出の大きな追い風に

原料不足が続く中、限られた原料で売り上げを上げて行くには、「加工度を高めることが必要」とお2人は声を揃えます。そのためにも、国内・海外を問わず、しめさばなどの加工品を今後とも広げていくことが肝要と考えています。

震災、原料不足などの困難を、一つ一つ乗り越えていくマルヌシ。今後も品質へのこだわりを武器に、着実に進化していくことでしょう。

株式会社マルヌシ

株式会社マルヌシ〒031-0821 青森県八戸市白銀二丁目5-1
自社製品 : 特大しめさば、あぶりしめさば、開きいか、いか塩辛たまり漬け、いか軟骨うま煮など
Webサイトはこちら

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOP