復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

タコの生産能力を5倍に高めたタコ洗い機と煮釜

工場の復旧後は新しい機械を購入し、販路開拓や人手不足対策にも力を入れている丸仁水産。しかし、震災前の売上を回復するためには、さらなる付加価値付が必要なことから、販路回復取組支援事業の助成金を活用して省人化等の機器を導入した。タコ洗い機やボイラー、ステンレス製の煮釜などは、タコやツブ貝のボイル加工で活躍する機械です。煮ダコは従来に比べて、同じ人手でも5倍ほど作れるようになったといいます。

「カレイなどの干物を加工するための乾燥機も新たに導入しました。これまでは天日干しだけで作っていましたが、これからは天候に左右されずに干物加工ができます」

干物はまだ試作段階ですが、乾燥機による干物加工でもうまみ成分が十分に引き出されていることが確認できたため、これから本格的な製品開発に着手するのだそうです。

  • ボイル前にタコのぬめりを取るためのタコ洗い機

    ▲ ボイル前にタコのぬめりを取るためのタコ洗い機

  • ボイル加工用のステンレス製煮釜

    ▲ ボイル加工用のステンレス製煮釜

  • 干物用乾燥機

    ▲ 干物用乾燥機

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP