復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

第150回茨城県高橋水産株式会社

効率化を進めて粉付け・揚げ加工にも対応できる体制に

新しい加工を始めるためにはまず、人手不足を解消しなければならない。そう考えた高橋さんは、販路回復取組支援事業の助成金を活用し、省人化機器を導入しました。

「コンピューター制御の自動重量選別機を入れたことで、選別の作業効率が倍以上よくなりました。これまで手で重さを量って振り分けていたのですが、作業が楽になって、従業員のみんなも喜んでいます。選別にかけていた人員が減った分、従業員にはこれまでできなかった他の作業に当たってもらっています」

▲ 重さごとに9段階に選別できる自動重量選別機

このほか、増産体制を整えるために、食器棚、冷蔵庫、2層シンク、作業台、ラベルプリンターなどを導入。さらに、粉付け機とフライヤーを導入し、粉付け加工、揚げ加工にも対応できるようになりました。

「メーカーさんにも工場を見学してもらいました。これから注文が増える手応えを感じています。いい機械が入ったので、唐揚げやフライ製品もアピールしていきたいですね」

▲ 粉付け機(手前)とフライヤー(奥)は連結も可能

また新たな販路を開拓するため、復興水産販路回復アドバイザーからのアドバイスをもとに、社外のECサイトにおいてインターネット通販も実施しました。期間限定ながら堅調に売り上げたことから、今後は自社サイト内での販売も視野に入れています。

国産たこ唐揚げ

カレー味イワシフライ

▲ 導入した機器で製造した唐揚げ・フライ製品で販路拡大を狙う

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP