復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

第161回宮城県太協物産株式会社

卵から成魚まで。完全循環のまとめ役としてグループを形成

太協物産では、配合飼料の製造と並行して、養殖銀ザケに関連する事業も行っています。養殖銀ザケは全国でも宮城県が圧倒的な生産量を誇る産業。この地場産業の成長とともに銀ザケ事業も発展してきました。

「サケというのは、卵、稚魚、成魚といった成長段階ごとに、手掛ける業者が異なります。うちがつくる配合飼料の成分やペレットの大きさも、サケの成長段階ごとに変えています。小さいうちはタンパク質多めの飼料。大きくなるにつれ、だんだんカロリーも高めにしています」

▲ 取材当日つくっていたのは3ミリのペレット。1ミリから14ミリまで製造可能(※後述)

各業者に販売しているのは、それぞれサケの成長段階に合わせた配合飼料ですが、それだけではありません。成魚の業者からは、『いい稚魚が欲しい』。稚魚の業者からは『いい卵が欲しい』。そんなリクエストがあるといいます。

「うちはエサ屋ですが、エサを売りながら、卵や稚魚の仕入れ、販売も行っています。サケの養殖業界ではこのように、エサ屋がサケの生育全体を見る立場にあり、養殖業者をまとめてグループを形成しています。ただ、うち以外は大手が手掛けています。中小の規模で魚粉から配合飼料までつくり、養殖業者とグループを形成しているのは、たぶん全国でもうちだけじゃないかと思います」

取引のある養殖業者とともに太協グループを形成している太協物産。従業員20人あまりの規模ながら、いわばサケ養殖の総合商社として、長年築いてきた信頼と実績があります。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
TOP