復興水産加工業 販路回復推進センター

 

販路回復・助成事業・アドバイザー 相談の申し込み

企業紹介企業紹介

企業レポート 被災地で頑張る加工屋さんをご紹介します

第165回青森県株式会社ともや

「会社でいちばん偉いのは誰?」
ほたて加工の創業者が出した意外な答え

ほたての名産地として知られる青森県の陸奥湾。白神山地と八甲田山から流れ込む雪解け水の栄養で育ったほたては、甘みたっぷりと評判です。

「ともや」は、1968年(昭和43年)の創業。1975年に陸奥湾のそばにほたての加工場を建設してからは、陸奥湾のほたてを使用した水産加工品の製造、販売を専業としています。

ともや社長の松山知幸さんがこれまでの経緯を語ります。

「鹿児島県出身の会長(父・建夫さん)は、水産物に限らず、なめたけやだしの素など、個人商店のように幅広い商品を仕入れて売る仕事をしていました。当時はスーパーマーケットがなかったので、同じような仕事をしている人が多くいました。その後、そういう人たちがさまざまな仕事に分かれていく中で、会長は川上寄りの仕事をしたいと考え、生産加工から携われるものを模索していたみたいです」

ともやの2代目社長、松山知幸さん
▲ ともやの2代目社長、松山知幸さん

製品を作って安定的に供給するためには、原料も安定的に仕入れられるものでなくてはいけません。そこで建夫さんは水産物以外にも数ある商材の中からほたてを選びます。その頃ちょうど、陸奥湾でほたて貝の養殖が本格化し始めたからでした。

ほたての仕入販売からスタートし、青森に工場を建設してからは、自社商品の製造販売を開始します。今では当たり前に食べられているほたてですが、加工を始めた頃は、日本人にとってあまり馴染みのない食材でした。ほたてを食べたことのない一般消費者も多く、『これって生で食べられるの?』と聞かれることもしばしば。しかし、建夫さんの先見性ある決断は見事に当たり、養殖技術の発展とともに、ほたての認知度も上がったことで、加工事業も順調に推移していきます。

「そこから当社はほぼほたて一本で成長し、1990年頃、売上高はピークを迎えました。ただその頃はまだ、仕入れたほたてをそのまま売る仕事も多かったので、利益率は高くありませんでした。そこで利益率を高めるに、自社製品の開発と製造を進める方向にシフトしていきました」(松山さん)

地酒を用いた「酒むし黄金ほたて貝」を筆頭に、スモーク、照り焼き、水煮など、現在の主要アイテム数は20以上にのぼります。ともやの製品は中央卸売市場などを通じて、ホテルや旅館、レストラン、結婚式場、量販店、給食などで扱われています。

商品開発で最も重視しているのは、美味しさだといいます。ほたての風味や旨味を活かすように工夫された製法の数々により、ともやの製品は高い顧客評価を受けています。

▲ 解凍してそのまま食べられる「酒むし黄金ほたて貝」。
地元青森の地酒を使ってうまみを閉じ込めながら蒸されたほたては身の縮みやドリップも少なく、
様々な料理にアレンジしやすい。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
TOP